FC2ブログ

2013年09月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

昔、パン屋やってました。

こんにちは。
今日は、昔していた仕事について書きます。

私の親が、江別で下宿業をしてまして、私に仕事を与える為、下宿の部屋を一つ潰して、手作りパンの店を始めました。店で売る分と、近くの大学の生協と、福祉施設にパンを卸したり、結構な量を焼いてました。
妹夫婦と父と母、五人で朝の三時から焼きはじめ、仕事が終わるのは夜の十時過ぎとハードでした。
しかも、妹夫婦はシステムエンジニアの仕事を持っていて、母も下宿の仕事とパン屋との二足の草鞋、私の為に悪いなと思いながら仕事をしました。

私の仕事は、仕込み、配達、仕入れに店番。パンの種類によって、粉とイースト、砂糖や塩など配合が全部違い、パンの種類が多いと本当に大変でした。25キロ入った粉の袋を引きずり、何枚も重ねた天板を運び、仕入れは山ほど、体がきつかったですが、若かったのでなんとかこなしてました。
店番は、お客さんが店の外まで並んだときは、焦りまくりました。あと、親切なお客さんがいて、パンを自分で袋に入れてくれ、お金はお釣りなしで出してくれて、とても有難く思いました。

そして5年ぐらいたった時、私の体が悲鳴をあげました。

左ひじと背中に激痛が走り、救急車で運ばれそのまま入院、原因はやはり頸椎でした。
もうこれ以上は無理だと思い、店の仕事を辞め、施設に通所する事にしました。私の為に店を開いたのにこんな事になって、本当に悪いと思いました。
でも、店で経験したきつい仕事が、今少し役に立っていれば、親や妹夫婦も喜んでくれると思うので、今の仕事も頑張りたいと思います。

I.H
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。